リンク
カテゴリ
全体
食材
お客様
よもやま話
Q&A
offタイム
親ばか子ばか
繕い工房
以前の記事
2016年 09月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2011年 01月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ


仲秋の名月

f0006300_112942.jpgこのところお客様から 秘蔵の浮世絵をお借りして店内に飾らせて頂いている。安藤広重の〔月の岬〕は沖に浮かぶ仲秋の名月、群れ飛ぶ雁、障子越しにかんざしを挿した遊女が風情豊かに描かれている。



今年は今日が仲秋の名月にあたります。ビルの谷間に住んでいると朝日も夕日もとんとごぶさたです。せめて満月でも今夜は見てみましょう。



f0006300_1125218.jpg江戸時代の一般家庭では団子,すすき、おみなえし、柿、栗、ブドウ,里芋の衣かつぎを三宝に載せ月にお供えをしたそうです。
衣かつぎ用の小芋をよく洗い 尖んがりがない方を5ミリほど切り落とし、高さの中間くらいのところに皮の厚さだけの切込みをぐるりと入れ、蒸し器で10分むします。上の皮だけ指でむいてごま塩をふります。


f0006300_1131438.jpg
ふと気がつくと店先の南天の葉先にわずかに朱がさしており小さい秋を見つけました。
[PR]
by ippyou | 2006-10-06 01:49 | よもやま話
<< 定光寺の秋 金継ぎ完成 >>




とある すし屋の日々の出来事。食材、お客様の話をおりまぜてお届けいたします。
by ippyou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧