リンク
カテゴリ
全体
食材
お客様
よもやま話
Q&A
offタイム
親ばか子ばか
繕い工房
以前の記事
2016年 09月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2011年 01月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ


骨の折れる仕事

毎年 確定申告の3月15日を境にして 急に忙しい日が続く様になります。今年もやはり16日から忙しくなりました。

昨今は女性の寿司職人さんも登場していたり、ご主人亡き後 奥様が握っているお店など良く話しに聞くようになりましたが 昔から女性は体温が高いのですしをにぎるのは不向きと言われてきました。

と言うわけで当店では忙しい日には巻きずしや仕上げはかみさんの担当になっています。

その日はばってら寿司の注文があり これならば手伝いできるとかみさんがチャレンジ。

ばってら寿司はかなり力を要する仕事で 女の力では かなりゆるい出来上がりになってしまう。全身の体重をかけて 力いっぱい押すと 鈍い『ミシッ』という音が、、、、、、、。あらっ。スカートかしらと思いきや、、、、

しばらくすると徐々に肋骨あたりが痛み出し、ひびでも入ったのかしらと思いながら数日過ぎると痛みは限界に達し あきらめて病院でレントゲンを撮るとみごとに1本折れておりました。

もともと肋骨は弱く折れやすいようで くしゃみをしただけで折れる事があるそうです。治療と言ってもコルセットを巻き 日にち薬しかないようです。

しばらくは まったり仕事するしかなさそうです。

骨粗鬆症の疑いもあるのでその検査もついでにお願いしてきました。
気持ちは若いつもりでいても体は確実に年を取っているようです。
[PR]
by ippyou | 2007-03-28 03:41 | よもやま話
<< あさり 春だより >>




とある すし屋の日々の出来事。食材、お客様の話をおりまぜてお届けいたします。
by ippyou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧