リンク
カテゴリ
全体
食材
お客様
よもやま話
Q&A
offタイム
親ばか子ばか
繕い工房
以前の記事
2016年 09月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2011年 01月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ


あさり

春たけなわ 毎年のように食材も揃ってきます。

今年は三河の良いアサリが入荷しており粒も大きめです。
ゆがくと乳白色のだしがしっかりと取れ 食してみなくても 美味しいことが一目瞭然となります。

数年前にも三河の梶島産のあさりが大評判でしたが マスコミの知れるところとなり テレビ等に登場するや否や 忽然と姿を消し 未だ市場にも入ってこなくなりました。料亭からの引き合いが多く 東京とかにも流れているようです。

梶島産のアサリは殻が全体に黒っぽく 身はほんのりオレンジ色をしていました。味も一段上でした。

今回のアサリはこれとは少し違うようです。が余り有名にならないで欲しいと思うものです。

アサリを調理する時毎回感心するのは殻の文様の美しさです。一つとして同じ模様はなく それぞれに個性的です。この美しさに気付くのは私たちだけと言うのは寂しい気がしますので一つご披露、、、、。

f0006300_2265854.jpg


残念なことに火通してしまうと青い色素はなくなってしまうので今ひとつ味わいが減ってしまいます。さらに残念なことに乾いてしまうとただの貝殻になってしまいます。

美しいアサリを見ていると昔の紬の素朴な色目、文様が浮かんできます。
ひょつとしたら あさりがヒントになっていたのかもと思ってしまいます
[PR]
by ippyou | 2007-04-15 02:41 | 食材
<< 山菜 骨の折れる仕事 >>




とある すし屋の日々の出来事。食材、お客様の話をおりまぜてお届けいたします。
by ippyou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧