リンク
カテゴリ
全体
食材
お客様
よもやま話
Q&A
offタイム
親ばか子ばか
繕い工房
以前の記事
2016年 09月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2011年 01月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ


<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初めてのマンガ喫茶

当て事と ふんどしは前からはずれると言うことわざがあるが よく似た状況でパソコンとプリンターは大事な時に壊れる。

この家の娘はおっとり型で何でもぎりぎりにしかできない。月曜提出のレポートができたのは土曜の深夜。いざ印刷となってプリンターが動かない。予備のプリンターを出すが久しぶりすぎてごきげんななめ。

CDかFDにいれて学校で印刷と思ってもFDはこれまた故障中。CDはかつて何度か学校に持っていっても上手く開けられなかった。

「私は明日1日中バイトだからお母さんなんとかしておいて」、、、この家のトラブルはこうしていつもかみさんが背負う羽目になる。

どうしたものか悩んでいるとお客さまから「添付ファイルでメール送信すればokですよ」とアドバイス。

なるほど。しかし昔雑誌の原稿をメールで送信した時 添付ファイルがウイルスで削除され 締め切り間際で慌てたことがあるので できれば打ち出しして持っていきたい。そこでマンガ喫茶で印刷することに。

休憩時間に近くのマンガ喫茶へ。
どんなシステムか全く分からないので入り口でうろうろしていると「こちらで受付をして2階へどうぞ」 この場には実に不似合いなおばさんはエレベーターで2階に上がった。

初めてで珍しいことばかり。指定されたトイレと同じ構造の箱にはいってパソコンに向かう。家のパソコンとは違うので何の事かさっぱりわからない。なんとか印刷までこぎつけ ファイルの全てのページを選択。データ-が受付のプリンターに送られている。

ギエーちょつと待ってエー。150枚!!!確かコピー代は1枚30円。

150枚×30円=4500円=そんなに財布に入っていない。そこまで考えるのにしばらくかかった。

ファイルを開いてみると2ページ目からは資料のコピーで印刷の必要はないらしい。
印刷のキャンセルはココからはできない。

あわてて受付へ急行。事情を説明するとなんとラッキーなことに用紙がきれて印刷は19枚で止まっていた。

こんなミスはめったにないようで 対処に困った店員さんの顔には「まあ、おばさんだからしかたないか」とあきらかに書いてあった。この時ほどおばさんでよかったと思ったことはなかった。

毎日毎日同じ生活の繰り返しの中で今日の出来事は新鮮な刺激だった。
そうそうエクセルの講座のソフトも入っているらしいので又今度行ってみよう!

それはいいけどあんまり迷惑かけるなよ!!
[PR]
by ippyou | 2006-06-19 04:45 | 親ばか子ばか

ペーパークラフト 寿司

f0006300_201230.jpg
お客様から「インターネットで見つけたんだけど良かったら作ってみて。」とペーパークラフトの寿司をいただいた。

鉄筆でなぞり、ラインに沿ってはさみでカット。折り線をつけて、糊ではなく セロテープで手抜き工事




f0006300_203453.jpg
童心に返って楽しいひと時。
なかなかの出来栄え。

カウンター内にディスプレー。愛すべき寿司はやっぱり絵になるねー。と自画自賛
[PR]
by ippyou | 2006-06-06 02:12 | 繕い工房

お客様ファイル1 うれしそうなお客様

大将の所は常連さんが多いようだけれど全部で何人くらいいるの?
と聞かれた事がありますが正直な所 私たちも分からないのです。

確かに年賀状は350枚ほど毎年出しますが住所を聞いていない方のほうが多く
どれほどいるいるのでしょうか。。。。。

という訳でカウントしながら日記を綴ってみましょう。

最近当店に1番嬉しそうに来られるのは竹山さん〔仮名〕です。
今流に言うと一俵にはまっていると言う感じです。
入り口の戸を開けると『来たぞー』といわんばかりの満面の笑顔がこぼれるのです。

初めて店に来られたのは生とり貝のシーズンの頃で 大変喜んでいただいた記憶があるのでかれこれ1年のお付き合いになります。
f0006300_1164258.jpg
今では平均すると週一くらいのペース。数人でお寿司をつまみながらお酒を飲み楽しくお食事をされます。好物はあぶり鯖で必ずのご注文です。

「僕はねー この店の前をいつも『いつになったらこんな 回らないすし屋で食べれるようになるかなー』と思いながら通っていたんだよ。なんとか今は お客様がみえたからとか今日は腹がたつことがあったからとか自分に色々理由をつけながらココに来れるようになったんだよ。」と嬉しそうに話された。

「人が増えてこの事務所も狭くなってきたからどこかへ代わらないといけないなー」
さすが今花形のIT企業だ。勢いがある。

お客様のところが繁盛するのはうれしいがどうか遠くに行きませんようにと心の中で両手を合わせた。
[PR]
by ippyou | 2006-06-02 02:45 | お客様




とある すし屋の日々の出来事。食材、お客様の話をおりまぜてお届けいたします。
by ippyou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧