リンク
カテゴリ
全体
食材
お客様
よもやま話
Q&A
offタイム
親ばか子ばか
繕い工房
以前の記事
2016年 09月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2011年 01月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ


<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

金継ぎ完成

かみさんはこのところ金継ぎに凝っている。何でも凝りやすい人だ。

金継ぎとは割れたり欠けたりした器をうるしで修復し仕上げに金で装飾する伝統技術である。
店の器を主に直したりしているが最近は勢い余って人様の物も直しているらしい。

f0006300_2491852.jpg
お客様の骨董やさんから預かりの元禄時代の小皿。大きな欠けの右横の小さな先端にもわずかの欠けがあり少し難儀をしたようだ。

薄い作りなので神経を使った。高価な物らしく気品のある絵柄に自分で施した金継ぎがマッチして返したくない魅力がある。


f0006300_258524.jpg
やはりお客様からの預かり物。何かの記念品らしく使えなくても残しておきたいとの依頼。

金で繕いその上にもう一度金蒔きで小花模様を入れました。漆と金での繕いなので人体無害で使用も差し支えないのですが漆の塗り物と同じ扱いが必要なので少し丁重な扱いになります。

同時に依頼されたもう1つのカップは繕い途中で落としてしまい。繕いようのないほどバラバラになり申し訳ないことになってしまいました。

直すつもりが逆に壊してしまい、粗こつなお前には実に不向きな趣味だなーと大将から一言。

f0006300_3141425.jpg

親孝行な娘がバイト先でいらなくなった欠けた急須をもらってきてくれた。

この類の親切を泣いて喜ぶ母であることを実に良く知っている。

注ぎ口の先端はうまく治り使用可能になった。嫁に行く時に持たせてやろうといそいそとしまい込んだ。

自分の物だと持ち前のまあいいか精神が出てしまうが人様の物だと真剣勝負になる。
上達にはこれが一番のようだ。
[PR]
by ippyou | 2006-09-01 03:35 | 繕い工房




とある すし屋の日々の出来事。食材、お客様の話をおりまぜてお届けいたします。
by ippyou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧