<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バッテラの語源

お客様からの質問にブログのQ&Aのコーナーでお答えさせていただきます。

f0006300_235482.jpg
f0006300_2354573.jpg
              




              

                   バッテラの語源

ポルトガル語の小船を意味する『bateira「ばっていら」』からきています。

明治26年頃、大坂順慶町のすし屋がコノシロの片身を寿司に乗せた形が小舟に似ていたため「ばってら」と名付けた。

これがさば寿司に応用され 次第にしめ鯖の押し寿司を「ばってら」と呼ぶようになった。

鯖とシャリを木型にいれ押すと握ったときよりさらに旨味が増します。その上に甘酢で煮た昆布を乗せます。

最近では木型で押したあと火で炙り 又ひと味違った炙りバッテラも人気となっています。
[PR]
by ippyou | 2008-10-20 23:30 | Q&A

降りるコール

f0006300_22561284.jpg
当店のお客様はもう長い付き合いの方が多く それぞれ独自のパターンで好きなお酒を楽しまれますがついついもう一杯となったり いつもと同じ量でも体長の具合のせいかまわりりの良い日もあります。

どなたも電車の降り過しの失敗は多く 新幹線で名古屋をはさんで東へ西へ往復した話など
良く酒のつまみ話となります。

そんな危険を感じる時は降りるコールのサービスを利用していただくようにお奨めしています。店を出てから電車に乗り 降りるころあいを見計らって携帯にお電話をします。

しかしこの降りるコールも成功ばかりと限らず 携帯がなり慌てて目を覚ますと扉が今にも閉まるところで慌てて飛び降りたらずっと手前の駅だったり 呼べども呼べども電話に出られずはらはらする時もあります。

あーぁ。 『 千鳥足 今日はどこまで 行ったやら。』  と心配していて

次回以来店時にお聞きすると たまたま信号と電車の連携が良く 電話時にはもうお風呂に入っていたらしいと笑い話に終わったこともありました。


又こんな話もありました。

ほろ酔い加減で帰り道に金山から地下鉄環状線に乗り 案の定 乗り過ごしてしまい気付くと金山。

仕方がないので降りてすぐ近くの金山の事務所で寝ようと思い改札を通ると駅員さんに
「お客さん!乗った駅で降りてますけどいいですか」と声をかけられ 降り過し1周した話をするとしっかり1周分の料金を請求されたそうです。

しらふなら忘れ物をしたとか上手く話もできるのですが。

『善良なる 千鳥足くんに 乾杯!!』
[PR]
by ippyou | 2008-10-07 01:54 | よもやま話




とある すし屋の日々の出来事。食材、お客様の話をおりまぜてお届けいたします。
by ippyou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧